十三参り

Jusanmairi

成長の証として、十三参りはいかがでしょうか?
写真にこだわりのある浅草写真館が、とっておきの1枚を撮影致します。

十三参りの由来The origin of Jusanmairi

「むかしの成人式の名残で、知恵もらいの行事」
十三参り(じゅうさんまいり)は、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎えて大人になったことに感謝して行なわれた行事です。
かつての成人式のようなものにあたります。
これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣します。
そこから別名、知恵詣り、または知恵もらいとも云われます。
関西などの近畿地方を中心に行なわれてきた行事ですが、近年は関東地方でも広く行なわれるようになりました。

参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返るとせっかく授かった知恵を返さなければならないという伝承があります。
渡月橋を渡り終わるまでは、または鳥居をくぐるまでは、周囲の誘いにも動じず、後ろを振り向かないで貫き通すという習俗があります。
なお、お参りの前にお子様にお教えしておくことをオススメ致します。

いつ頃行なうの??When do it ?

旧暦の3月13日に行なわれてきており、現在では月遅れで新暦の4月13日に行なわれます。
数え年の13歳は、その年に満年齢12歳を迎えるお子様が対象であり、行なうのがちょうど小学6年生の4月にあたるため、現在では中学受験の合格祈願も兼ねて行なわれることが多くなっています。
浅草写真館の隣、浅草寺でも、4月の間中十三参り加持が行なわれています。

撮影プランPhoto plan

お得な十三参りセット

着付け・ヘアセット・簡単なメイク・スタジオ撮影・お1人2ポーズ2面台紙1冊 37,000円+消費税
【プラン特典】特選2面アルバム(雅)プレゼント
※こちらのプランはおひとりのプランです。ご家族写真をご希望の方は、ご追加、または、単品でのご注文になります。
お母様の衣装もご用意しております。